離婚BLOG

tel_sp.png

2014.03.31更新

離婚の中で、協議離婚や調停離婚は当事者の2人で話し合うケースが多く弁護士が立ち会う事もあります。
調停委員を交えた話し合いで決着がつかなかった場合には裁判離婚となり民法の定める離婚原因の立証が必要となるため弁護士への相談が必要となります。

民法が定める離婚原因とは、配偶者に不貞行為があった場合や配偶者から悪意で遺棄された場合など5項目があり当事者が客観的にもうやっていけないと認められれば破たんとして離婚が認められます。

これらの協議はお互いの今までの結婚生活や性格など様々なデリケートな問題について細かく話されることになり精神的にとても辛いものです。
当事務所は離婚専門の弁護士事務所として全国のお客様から厚い信頼をいただいております。
福岡の方で離婚問題にお悩みの方は初回の無料相談をご利用ください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.03.26更新

当事務所は地下鉄空港線の赤坂駅から徒歩2分の場所にあります。
福岡の方はもちろん、東京をはじめ全国の方が離婚のご相談にいらっしゃいます。

個人事務所に、なぜ遠方から足を運んでくださるのでしょうか。
それは当事務所が、損得勘定で離婚の交渉を進めるのではなく、離婚後の新しい人生を前向きに歩むためのステップとして、最善で最良の方法をご提案しているからだと自負しております。

離婚に向けて話を進めているのですから、夫婦の関係が円満ということはないでしょう。
しかし、罵倒し合い、奪い合うだけの離婚では再出発にはよくありません。

当事務所には、数多くの離婚成功例があります。
ご依頼者様のお心に寄り添いながら、的確な法的アドバイスをして交渉を成立させます。どうぞ安心してお任せください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.03.19更新

夫婦間にはトラブルも付き物です。
円満に解決できれば良いですが、トラブルによっては夫婦間の決定的な溝となることも珍しくありません。
二人の未来を考え離婚という選択をする方も増えています。

今回は、離婚の種類について紹介したいと思います。
実は離婚には三つの種類があることをご存知ですか。
「協議離婚」と「調停離婚」そして「裁判離婚」です。
夫婦の話し合いで決定できるのが協議離婚ですが、中にはどちらかが離婚に応じないというケースもあるでしょう。
こんなときには調停委員を交える調停離婚、それでも駄目なら裁判で離婚を決める裁判離婚を選択することになります。

離婚に強い弁護士に相談いただくことで、円滑に物事を進められる可能性も高まります。福岡方面の方で離婚に悩んだら、ぜひご相談ください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.03.13更新

当事務所では離婚に強いとの評判を賜っており、これまでも多くの離婚相談を承らせて頂きました。

離婚理由も様々ですが、最近ではドメスティックバイオレンス(DV)やモラルハラスメント(モラハラ)などが原因で離婚される方も少なくありません。

暴力や言動などでパートナーを支配し、逃げることへの罪悪感を植えつけることが特徴です。

更に加えるなら、それらを引き起こすパートナーの生育過程に問題があるケースが非常に多い為、暴力や言動で支配している自覚が皆無であるという点も挙げられます。
当事務所ではDVやモラハラが原因で離婚をお考えの場合、証拠保全される事を強くお勧めしており、傷やあざなどは写真に撮って残すことや日記などに克明に記録すること、医師の診断書を入手するなどが証拠保全の方法です。

投稿者: 武末法律事務所

2014.03.10更新

厚生労働省の調べによると、離婚する夫婦の数は、少なくとも2秒に1組いると言います。
3組に1組は離婚するとも言われています。
離婚率が上がった原因には、家を守るための結婚から、個人的な結びつきへと変化しているせいでしょう。

離婚するには、夫婦が話し合って、離婚合意する協議離婚が一番望ましいやり方です。
しかし、話し合いがつかない場合には、間に調停員を交えて話し合いをして離婚を成立させる、調停離婚になります。
調停でも折り合いがつかない場合には、訴訟により離婚判決を得る判決離婚をすることになります。

いずれの場合も弁護士を入れても入れなくても良いのですが、離婚問題に詳しい弁護士を入れることで、スムーズに事が運ぶ場合があります。

離婚でお悩みの方は、当事務所へご相談ください。
初回相談は無料です。

投稿者: 武末法律事務所

2014.02.27更新

いざ離婚となっても男女の問題はなかなか人に話せないものです。
とても繊細で、話しにくい内容もあると思います。
福岡にお住まいの方の離婚のご相談なら、当事務所に一度ご相談ください。
他に話せないことも、私だけにお話いただければいいのです。

熟練の弁護士が、経験と実績からあなたのご相談を親身に伺います。
初回の相談は無料です。

慰謝料、財産分与、年金など、生活に関わる金銭問題から、DVや内縁関係などのこじれがちな問題、親権、養育費などお子様に関わる問題まで、あなたの今後により良い選択ができるように、総合的にアドバイスを致します。

離婚することがゴールではなく、その後の人生をどのように生きていくかが重要です。
あなたの新しい人生のスタートのために、精一杯お手伝いさせていただきます。

投稿者: 武末法律事務所

2014.02.25更新

日本の年間離婚率は37パーセントと言われています。
カップルの3人に1人は離婚しているという現状です。
女性が外で働くことも多くなり、どうしても男性に頼って生きる時代ではなくなりました。
殴られてもなじられても我慢しなければならない時代ではありません。

しかし、いざ離婚となると相手が応じなかったり、親権を渡さないと言われたり、脅されたりするなど、なかなかスムーズには進まないこともあります。
また、離婚には、相手の浮気や借金癖など、さまざまな事情をはらんでいます。
中には、誰にも相談できずに一人でお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

福岡にお住まいで、離婚問題にお悩みの方は、女心のわかる当事務所の弁護士に何でもご相談ください。
初回相談は無料です。
話しをすることで、解決の方法が見えてくるかもしれません。

投稿者: 武末法律事務所

2014.02.19更新

離婚といってもそれぞれの夫婦によって、ポイントとなる部分は違ってきます。

ほとんどの夫婦が選ぶ方法としては、二人が同意して離婚届を提出する協議離婚がありますが、後のトラブルを防ぐためにも必要な取り決めをしておく必要があり、弁護士が立ち会う場合もあります。

二人の話が決別してしまうようであれば、調停委員を交えての離婚となりますが、離婚調停と夫婦円満調停の2種類があり、離婚原因を作った側から調停を申し立てすることもできますが、調停委員によって話し合いが左右されたりします。

話し合いで合意に至らないのであれば、裁判離婚で離婚するという手段がありますが、裁判離婚をする夫婦はわずかで、ほとんどの方たちが弁護士をつけて裁判をします。

福岡方面の方で、離婚のことで悩まれているならばご相談ください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.02.18更新

年金分割制度が施行されたことで近年熟年離婚をお考えになる方が増えていますが、熟年離婚は自由の身になるというメリットと共に経済的不安というデメリットもあります。

女性の場合、今まで子どもや家族など誰かのために尽くしてきたけれども、子どもも巣立ち、これからの人生は自分のために使いたい、という考えに至るお気持ちもわかります。
ですが、最近では、裁判になった場合、高年齢層の生活が困難になるのを防ぐという理由もあり、熟年離婚の年齢層は離婚が認められない傾向が見られます。

夫婦間の問題はとても繊細で難しい問題ですが、当事務所は離婚問題のプロとして、お気持ちに寄り添ったアドバイスをいたしますので、ぜひご相談にお越しください。
これからの人生において何が一番良い選択なのかを、もう一度一緒に考えてみませんか。

投稿者: 武末法律事務所

2014.02.12更新

離婚問題を抱えている方はいませんか。
1人で抱え込まずに弁護士に相談してみませんか。
当事務所は、40年もの経験豊富な実績のある弁護士がおり、離婚問題に熟練しておりますので、ぜひお任せ下さい。

離婚問題は大変デリケートですので、離婚問題に精通している弁護士が介入することで、心の負担も軽くなることと思います。
当事務所の弁護士は、女性の気持ちに寄り添い、親身になってお話をお伺い致し、全力でサポート致しますので、ご安心下さい。
弁護士費用が気になる方も、初回の相談は無料ですので、お気軽にご相談頂けます。

当事務所の受付時間は10時から17時まで、夜間及び土曜日も対応いたしております。
メールでの受付もしておりますので、お気軽にご相談下さい。

投稿者: 武末法律事務所

前へ 前へ
オフィシャルサイト離婚BLOG 24時間WEB予約受付中
TEL:092-714-4554 24時間WEB予約受付中