離婚BLOG

tel_sp.png

2014.06.10更新

当事務所は、離婚問題専門の弁護士として福岡を中心に全国の皆様の離婚相談をお受けしております。

ひとくちに離婚と申しましても、話し合いでスムーズに進むこともあれば、調停や裁判になるケースもございます。

特にお子様がおられる場合は離婚をためらう方もいらっしゃいますが、つらい思いで結婚生活を続ける親御さんと共に過ごすお子様もまた、悲しい思いを抱いているかもしれません。
親権や養育費など難しいと思われる問題も、まずは当事務所にご相談ください。

小さいお子様の場合、夫と妻のどちらが親権を持つかは同居の状況など客観的な要素が優先されますが、最も重要なのはお子様自身が健やかに生活できることです。
お子様を大切に思い人生をあきらめず頑張る皆様、当事務所が寄り添い、お力になります。

投稿者: 武末法律事務所

2014.06.04更新

福岡で離婚相談に詳しい法律事務所です。
最寄駅から徒歩2分とアクセスが良いので、気軽にご来所頂けます。

離婚問題はとてもデリケートなものです。
弁護士に相談しても理解してくれるのかと女性の方は思いますが、当事務所では、ご依頼主様の今後の良い人生に向けたサポートをいたします。
また女性の心を理解した男女問題解決のプロとしてその方に適したアドバイスをします。
当事務所に依頼をしてよかったと思って頂けるサービスを提供していますので、お一人で悩まずにご利用下さい。

慰謝料や養育費など様々な離婚相談を丁寧に対処しています。
全国から依頼を頂き、長年の実績がありますので、ハイレベルな難問も解決に導くお手伝いを致します。
ご依頼主様との信頼関係を大切に、きめ細やかな対応を心掛けています。

投稿者: 武末法律事務所

2014.05.27更新

離活という言葉もテレビで取り上げられるようになりました。
その名の通り、離婚を円滑に進めるための活動のことです。

離婚には大変な時間と労力を要しますが、何より大事になるのは、離婚後の生活のことです。
早く離婚を成立させたいからと、離婚届を早急に提出してしまうと、後のトラブルを招いてしまいます。

お子様がいらっしゃる場合はなおのこと、離婚後の生活のための離婚条件が大切です。離活は、離婚条件を有利に進めるために、欠かせない活動になってきます。

一人で悩まず、ぜひ専門家にご相談下さい。
当事務所は福岡の天神から徒歩数分のアクセスの良い場所にあります。
どんな事でも構いません。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。

投稿者: 武末法律事務所

2014.05.22更新

当事務所は、福岡を拠点に離婚の専門家として様々なケースのご相談を承っております。

特に慰謝料をめぐるトラブルがご相談事例の中でも多く、当事務所では慰謝料をめぐるトラブルを多数解決した実績がございます。

さて、離婚の慰謝料には支払いが認められるケースとそうでないケースがありますが、離婚理由の中で最も多いとされる性格の不一致の場合、慰謝料が認められません。
その理由は、配偶者側の親族と折り合いが悪い、宗教上の問題などと同様、夫婦双方に責任があるためです。

つまり慰謝料とは、どちらかに非が認められた場合に請求する権利が発生するわけです。
これを法律用語で有責行為と呼ばれるものであり、最も多いケースとしてドメスティックバイオレンスに代表される配偶者の暴力や不倫などの不貞行為などが挙げられます。

投稿者: 武末法律事務所

2014.05.19更新

暮らしを共にする形は、時代とともに変化しています。
男女が結婚して共に暮らすのが一般的ですが、中には男性同士、女性同士で暮らしたり、内縁関係で共に暮らしたりする場合も少なくありません。

共に暮らして、良い関係が築けない場合やトラブルが起こった場合には、共に暮らすことを解消したいと考えることもあるでしょう。
結婚している場合は、離婚することになり、慰謝料や養育費などを請求することができますが、内縁の場合には、どうしたら良いのでしょう。

内縁の場合でも、状況によっては、慰謝料や財産分与の請求が認められています。
ただし、結婚の意志がなく同居していた場合は、同棲と判断されるため、慰謝料や財産分与の請求はできません。

福岡にお住まいで内縁を解消したいとお悩みの方は、当事務所へご相談ください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.05.13更新

離婚の際に一番気にかかるのは金銭に関することではないでしょうか。
例えば慰謝料は、離婚原因を作った側から相手方へ支払われるものです。
それは年収によって異なってきますが、支払能力がないといってもゼロになることはありません。

また、財産分与は婚姻後から離婚まで夫婦で築きあげてきた財産が対象となり、分与の方法は裁判所が大きな裁量権を持っています。
これには、経済的弱者に対して離婚後の生活のサポート等総合的に判断されます。

そして、最近の増加する熟年離婚に対応するような形で、平成19年より厚生年金の分割制度が始まりました。
これは、離婚後の受け取る年金額の男女間の格差を埋めるもので概ね半分ずつとなります。

福岡にあります当事務所は、女心をくみ取りながら両者の今後の人生の為に問題を解決致します。

投稿者: 武末法律事務所

2014.05.07更新

離婚問題のお悩みを持つ方の中には、夫婦間のなかなか人には話しにくい問題を抱えている人もいます。

福岡市にお住いの方のご相談内容も初めは、原因が性的なことでもあったので、なかなかお話しにくかったようです。
当事務所は、多くの離婚案件をこれまでも、依頼人さまの人生を考えて、扱ってきました。
本人が話しやすいようにお話を聞く姿勢で相対し、お話を聞かせてもらいました。

離婚には、協議、調停、裁判とあります。
協議はご夫婦で話し合って決めるもので、調停から他人の意見が入り、客観的にアドバイスをします。
裁判は、話し合いで決まらない場合は結論を裁判の判決にゆだねる形になります。
どの形になるにせよ、ご本人の意思確認と離婚後の人生を幸せに歩むお手伝いをします。

投稿者: 武末法律事務所

2014.04.30更新

離婚は、多くの場合、お互いが同意の上で離婚届を提出することで成立します。
しかし、その後に様々な問題が発生し、トラブルになることが少なくありません。

財産分与、慰謝料、子供の親権、養育費、面会交流、年金分割の問題など、多岐にわたります。
これらの問題を当事者だけで決めていくのは大変です。
一旦話し合いがこじれてお互いが感情的になってしまうと、問題が長期化し、心身共に負担が大きくなります。
また、早く終わらせたいと焦るあまり、不利な決定をしてしまうこともあります。

福岡にお住まいで離婚についてお悩みなら、一人で悩まず、どうぞ当事務所までご相談ください。
当事務所は女心の分かる専門家が、あなたの問題を親身になってサポート致します。
初回の相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

投稿者: 武末法律事務所

2014.04.22更新

女心が分かる弁護士が離婚問題を解決へと導きます。
福岡市にお住まいの方をはじめ、離婚で悩みを抱えている全国の方から依頼を頂いております。

男女間の問題はとても繊細なものです。
たとえ法律を提示しても割り切れるものではありません。
当所では、柔軟に対応して前向きに解決ができるようにお手伝いを致します。
また、女性がお一人でも気兼ねなく相談ができるアットホームな雰囲気を大切にしています。
ご依頼主様との信頼関係を築き、最善の方法を考えていきます。
ですので、ご要望がございましたら、遠慮なさらずにお話し下さい。

離婚問題には慰謝料や養育費など複雑な問題を抱えています。
長年の実績を持つ弁護士がそれらを丁寧に一つ一つ紐解きます。
最新知識と最高水準の法律で皆さまをサポート致します。

投稿者: 武末法律事務所

2014.04.16更新

ここ数年、ドメスティックバイオレンス(以下DV)が社会問題となり法整備されるようになってDVが原因による離婚が急増しつつあります。

DVは身体的な暴力ばかりでなく、生活費を渡さない経済的DV、配偶者の人間関係に口をはさむ社会的DV、配偶者の人格を否定する精神的DVなどが挙げられます。

DVによる離婚は、証拠保全が重要な鍵であると言え、身体的DVの場合、痣や傷を撮影するまたは診断書をとることで重要な証拠となり、この他にも日付や場所、具体的な内容を記録することも重要な証拠となります。

DV加害者に話が通じないケースが大半であることから当事者同士の話し合いは不可能であると言っても過言ではありません。
当事務所は福岡全域の離婚相談を多数承った経験と実績があり、もちろんDV離婚も実績がございます。

投稿者: 武末法律事務所

前へ 前へ
オフィシャルサイト離婚BLOG 24時間WEB予約受付中
TEL:092-714-4554 24時間WEB予約受付中